新・植物歳時記 2019年9月8日

マメ科の原種たち

すっかりご無沙汰しておりました。どうも、新しいブログの入力方式に慣れずに、ついつい億劫に…。これからはもう少し頑張ります。

さて、マメ科には多くの栽培植物があります。フジやスイートピーなど花を楽しむもの、クローバーなど牧草に使われるもの、そして何より重要なのは、人々の生活を支える食料になるものです。今回は、その中の2種類の原種を自宅そばで見つけたのでご紹介します。まずひとつ目は黄色い花が印象的なヤブツルアズキ。アズキの原種と言われており、晩秋になるとアズキに似た長細い鞘が良く目立ちます。ふたつ目は、ダイズの原種と言われているツルマメです。こちらはその名の通り、つる状の草姿でダイズとは似ていないのですが、花は確かにマメ科の特徴を持っています。しかし、これらの小さな野草に食料としての価値を見出し、それを改良して、美味しくて沢山採れる品種を作り上げるまでの時間と苦労はいかばかりだったでしょうか…。